ホットヨガと持ち物

ホットヨガのレッスンをフィットネスクラブで受ける場合、持参すべきアイテムがいくつかありますので準備しておきましょう。まずはタオルです。レッスン中に使用するフェイスタオルとシャワーを浴びたあとのバスタオルの2種類を準備しておきましょう。普段あまり汗をかかない人でもホットヨガのレッスンでは、かなりの発汗が起きるはずです。こまめに汗を拭けるようにフェイスタオルは準備しておきましょう。

汗を大量にかきますので、水分補給はレッスン中にこまめに行う必要があります。そこで水もレッスンを受けるときには準備しておきましょう。ホットヨガのレッスンはフィットネスクラブによって内容は若干異なるかもしれませんが、大半のところが1回60分のレッスンとなっているはずです。この場合、1リットル程度はレッスン中に水分補給する必要があります。1リットルの水分を準備しておきましょう。スーパーやコンビニなどで販売されている500mlのボトル2本は必要です。

ヨガを行う際にはヨガマットも上でポーズを決めます。このヨガマットですが、フィットネスクラブによって無料でレンタルしているところ、有料制のところ、自分で準備するところがありますのであらかじめ確認しておきましょう。

ホットヨガの服装

フィットネスクラブで初めてホットヨガのレッスンを受ける場合、「どんな服装でレッスンを受ければいいの?」という疑問はよく聞かれます。別に決まった服装はありません。フィットネスクラブに相談しても「動きやすい服装では何でもいいですよ」のように言われるはずです。しかしあまりダボっとした服装は避けて、体にぴったりフィットするものが好ましいです。Tシャツよりもブラキャミソールやタンクトップなどがいいでしょう。

ダボっとした服装でエクササイズをすると、自分のポーズを確認しにくいです。ヨガは正しい型でエクササイズできていないと、せっかくの効果も半減してしまいます。ブラキャミソールがおすすめなのは、ブラジャーをつけているとどうしても動きが制約されるからです。ホットヨガの場合、意外と全身の筋肉を大きく使うので窮屈なブラジャーなどは身に着けない方がいいです。

また普段あまり汗をかかない人でも、ある程度の時間ホットヨガをしているとダラダラと大量の汗をかきます。そこで速乾素材の服を着てエクササイズを受けるのがおすすめです。でないと体にベタッと汗によって服がくっつくような感じがして気持ち悪いです。また汗を十分に含んだ服装は重たくなるのも不快に感じる理由の一つです。

フィットネスクラブに

フィットネスクラブに通っている女性も最近では増えています。トレーニングマシンやプールのほかにも、いろいろとエクササイズできるメニューを用意しています。その中でも女性の間で高い人気のあるのが、ホットヨガです。ホットヨガとは、高温の部屋の中でヨガのエクササイズをする方法で大量の汗がかけます。

PICK UP■スポーツクラブ・スポーツジムならメガロス■
ホットヨガのエクササイズが受けられるフィットネスクラブのメガロスです。

ホットヨガは女性にとってうれしい効果がいろいろと期待できます。例えばダイエット効果があります。先ほども紹介したように、室温の高いところでヨガエクササイズをすることにより大量の発汗を促せます。すると体内の余分な水分や毒素を排出でき、一種のデトックス効果が期待できます。余分な水分を輩出できるので、むくみに悩んでいる人も改善するかもしれません。ヨガのポーズは体の奥深くにあるインナーマッスルというところを鍛えられます。代謝を上げ、太りにくく痩せやすい体質を獲得できます。

また若い女性の中には、冷え性に悩んでいる人もいるでしょう。ホットヨガをすることで、血行が促進されますし、代謝の力もアップします。このため、手足の先までぽかぽかの状態になり冷え性を改善できます。ホットヨガのレッスンを受けると、リラクゼーション効果も期待できます。その結果、お通じがよくなって便秘を解消できるかもしれません。このようにホットヨガには女性にとってうれしい効果がいくつもあります。ホットヨガのレッスンを受けるにあたって、注意すべきことを以下で詳しく見ていきます。